子宮体癌手術でホットフラッシュになった私

体が急に熱くなる

今回もホットフラッシュの体験談です。子宮体癌からのホットフラッシュ。更年期に差し掛かる年齢なので分かってはいたのですが・・・・というお話です。

子宮体癌手術でホットフラッシュになった私

一年前に子宮体癌の手術をしました。
悪性でしたので、子宮卵巣を摘出し、幸い抗癌剤もありませんでした。しかし、後遺症として更年期に余儀なくなりました。
 
年齢は49歳でしたので、手術をしなくても更年期になる年頃です。覚悟はしていましたが、結構キツいです。徐々になるという感じではなく、いきなり症状が出て、辛いものがありました。ホットフラッシュ、動悸、めまいなどがあります。
 
特にひどいのはホットフラッシュで、おかまいなしにカーッと熱くなります。汗は首筋に特にすごく出ます。脇や胸なども汗まみれになります。
 
扇風機
 
いつなるか分からないので、熱くなると恥ずかしい思いもしました。特に顔が熱くなる事が多く、家では一年中扇風機を出しています。お風呂上りもなかなか熱さが引かないようになりました。
 
仕事で朝に掃除をするのですが、少し動いただけで汗をかくようになりました。夏場は元々暑いのであまり気になりませんでしたが、大変なのは冬です。
 
熱くなって汗をかいた服をそのまま着ていると風邪を引きます。なのでいつも着替えを持ち歩くようになりました。ひどい時は2回位着替えます。汗が引いた後はとても寒くなり、予防が大変です。職場にはうちわを置いています。
 
うちわ
 
普通の更年期の症状には女性ホルモンの投与が出来ますが、私の場合は癌なのでそれは厳禁です。主治医は大豆食品はいいと言っていたので、納豆などを食べるようにしています。
 
豆腐や豆乳は、甲状腺癌も経験したので良くないそうです。なるべく発酵した豆類にしています。癌の再発は5年位をめどに見ているので、何事もなければ女性ホルモンの投与をするそうです。
 
この先ずっとひどければしてもいいなと思っていますが、我慢出来ない程ではないので、考え中です。いずれにしても主治医とよく相談して決めたいと思っています。
 
ホットフラッシュは辛いですが、熱くなるせいで?痩せました。ダイエットをしているのもありますが、半年で10キロ位痩せました。膝も痛いし、子宮体癌の予後にも痩せる事は重要です。これは思わぬ副産物でした。
 
ホットフラッシュ対策の商品は特に使っていませんが、着替えが面倒なので、山登りの時に着る、汗をかいたらシュッと引き出せる下着などを試してもいいかと思っています。後は冷えピタなどもいいかもしれません。しかしおでこに貼って仕事をするわけにいかないので、首筋用が出来ればいいですね。
 
色々とホットフラッシュの苦労がありますが、熱くなると顔がツヤッとするのでいいわ!位に、良い方に考えて、この先上手く付き合っていこうと思います。


一番共感できるのは最後の文章ですね。

色んな意見が有ると思いますが女性なら誰もが通る道位の発想でホットフラッシュには対応していくのが一番なのかもしれません。

ホットフラッシュ対策に、豆腐や豆乳とプラセンタのサプリメント

豆腐

今回は現在50歳の方からの体験談です。現在ホットフラッシュに悩んでいる人にとって参考にすべきポイントが幾つもありますので是非読んでみてください。

私がホットフラッシュ対策に使用したサプリメント

わたしは40才の半ばくらいから立ちくらみやめまいが酷くなり、更年期症状が始まったのを自覚するようになりました。姉からホットフラッシュについても話は聞いていたのですが、わたしも突然に身体が熱くなって顔がほてって汗が出てきて困るようになりました。
 
冬の寒いときでも身体の芯から急に暑くなってきて我慢ができなくなり、上着もセーターも脱ぎ捨てて半そでになってしまい、家族にびっくりされたこともありました。
 
体が急に熱くなる
 
このホットフラッシュの症状は、わたしの場合は家事をしている時やテレビを見ているときなど何の前ぶれもなく突然に起こるので、不快で仕方がありませんでした。
 
姉からホットフラッシュも含めて更年期の症状は女性ホルモンが減ってきて起こるので、女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをする大豆に含まれる「イソフラボン」をたくさんとればいいと聞き、毎日豆腐を欠かさずに食べたり豆乳を飲んだりするようにしました。
 
また同じ年代の友人から胎盤の成分からできているプラセンタのサプリメントは、ホルモンや自律神経のバランスを整える働きがあると教えてもらったので、毎日プラセンタのサプリメントを飲むようにしました。
 
プラセンタのサプリメント

 
食品や健康食品なので急に症状がよくなることはありませんでしたが、1ヶ月2ヶ月と続けるうちに、少しずつホットフラッシュなどの不快な更年期の症状が起こる回数が少なくなってきたと思います。
 
50代になった現在も豆乳とプラセンタのサプリメントは欠かせませんが、今はほとんどホットフラッシュも起こらなくなったので効果があるのではないかと思っています。


この方の体験談を見て私が皆さんに参考にしてもらいたいと一番思った部分はこの文章です。

食品や健康食品なので急に症状がよくなることはありませんでしたが、1ヶ月2ヶ月と続けるうちに、少しずつホットフラッシュなどの不快な更年期の症状が起こる回数が少なくなってきたと思います。

この部分です。何事もそうですが、継続が肝心です。サプリメントを飲むのは良いことですが継続しなければ意味が有りません。この人は継続するうちに実感として楽になってきたと言っています。

皆さんも是非サプリメントを飲む場合は3ヶ月程度の継続を視野に入れながら判断して下さい。

あとイソフラボンとプラセンタを共に取っているのもいいですね。どちらもホットフラッシュに有効であると言われている成分です。ちなみにイソフラボンはホルモン様と言ってホルモンと同じような働きをするがホルモンでは有りません。

またプラセンタは女性ホルモンのバランス等を整えてくれる役割が有りますがこちらもホルモンではないので安心して続けることが出来ます。

プラセンタに関しては詳しく紹介していますが、イソフラボンなどはあまり紹介できていないのでこれから記事にしていければと思います。

ホットフラッシュとは?/更年期障害の入り口と感じる人多数

ホットフラッシュ

ホットフラッシュとは更年期障害の症状の中でも最も多く発生する症状で「ほてり」「のぼせ」「発汗」が突如現われ事を言います。複合的に現われる事が多いですが「のぼせ」だけひどい、「発汗」だけひどいなど一つの症状が顕著に現われる場合も有ります。

説明の必要もないかもしれませんが「ほてり」「のぼせ」「発汗」について説明しておきます。

  • 「ほてり」・・・体がカーっとホテリ熱くなってしまうこと。顔だけに症状が現われる人もいれば体全体に症状が現われる人もおり、その程度は人によりかなり差が有ります。
  • 「のぼせ」・・・頭に血が昇ってしまった状態。「お風呂あがりにのぼせる」とはよく言ったものでそのような状態が日中突如として現われる事を言います。毎日同じ時間に症状が現れる人もいれば不定期に現われる人もいます。
  • 「発汗」・・・暑くもないのに汗が大量にでてしまう状態。ほてりやのぼせの結果として発汗に繋がることが多いようです。

ホットフラッシュは更年期障害の入り口

「ほてり・のぼせ・発汗」は更年期障害の代表的な症状であり多くの人が悩まされる問題です。それと同時にホットフラッシュが起こることで『自分がとうとう更年期に入ったんだな』と自覚する人も多いそうです。

「ほてり・のぼせ・発汗・抑うつ・不眠」で更年期の五大症状と言います。


日経BPムック本「エイジングに負けない女性ホルモンを味方にする本」に更年期障害だと自覚したキッカケとなる症状のデータが掲載されていましたので転載しておきます。

更年期障害を自覚したキッカケ
(複数回答制)

上記画像のようにホットフラッシュの症状である発汗(42.1%)とほてり(39.7%)が自分が更年期障害だと自覚したキッカケの1位と2位を占めています。

従ってホットフラッシュだと思ったら自分は更年期障害なのかもしれないというスタンスで正しい知識を持って臨んでいくことが必要です。

ホットフラッシュの原因

原因としては

・自律神経の乱れ
・女性のホルモンバランスの乱れ

などが代表的なものとして挙げられます。更に最近は女性の社会進出の影響で更年期ではない20代・30代の女性でもホットフラッシュを体験することが多くなっています。

そのような場合も

・睡眠不足
・生活習慣の乱れ
・食生活の乱れ
・ストレス

などが引き金となって自律神経やホルモンバランスを乱すことでホットフラッシュの症状を引き起こします。

対策はあまり気にしすぎないことと適切な治療

ホットフラッシュの症状は自分の意識とは関係なく気付いた時には「ほてり」や「のぼせ」が起こっていることが多いです。気にすればする程その症状もヒドイものなっていくのであまり気にせず生活していくことが求められます。

また更年期障害の治療には代表的なものとしてプラセンタ療法・ホルモン療法・漢方療法などが挙げられます。自分に合った治療方法を探して「更年期はどんな女性にも来るものだから仕方ない」くらいの気持ちで対処していくことが望ましいです。

【焦る!!】電車やバスに乗っている時のホットフラッシュ

電車やバスに乗った時のホットフラッシュ

今回は電車やバスなどの交通手段を使うと途端にホットフラッシュが発生してしまうという方からの体験談です。私も体験したこと有りますけど、かなり恥ずかしいですよねぇ(T_T)

急に出てくるホットフラッシュ

電車やバスに乗る前はぜんぜん汗が出ていなかったのに電車やバスに乗ったとたんにホットフラッシュが起こることがよくあります。そのため電車やバスに乗るときはハンカチが手放せません。忘れてティッシュで拭いたこともあります。

 
ハンカチ

 
今まで平気だったのにいきなりダラダラこめかみや額あたりから汗が出てきて、電車やバスに乗っている人はぜんぜん普通でそんなことがないのに【自分だけか・・・】ということで恥ずかしい思いをします。

 
だらだら出てくる汗はとまらずどんどんひどくなっていきます。20分ぐらいは汗が出てくるでしょうか。電車やバスをすぐに降りて目的地に到着できればいいんですが、ちょっとでも長い間乗っているとなると恥ずかしくて顔もあげられません。
 
せっかくきれいに塗ったお化粧も全部とれてしまいます。いつもではなく時々ですからまだ我慢できますが、あたりを見回してみると40代~50代ぐらいの人はホットフラッシュになっているなと思うことがよくあります。
 

年齢的にしょうがないのかもしれませんが、なんとかならないものかと思ってしまいます。できるだけゆっくり歩くようにして汗がでないようにしているのですが、それでもなぜか電車やバスに乗るとホットフラッシュが起きてしまうのです。
 
もうすぐ50才なのでちょうどホットフラッシュの出る年齢なのでしょうがないのですが、とっても恥ずかしいです。


 
私も何回か電車に乗っている時にホットフラッシュが来た事が有りますけど、あれはどうしようもないですよねm(_ _)m 家で起こるならまだ対処の仕様も有りますが、外出先で出ると本当に大変です。

実際周りの人は自分が思っている以上に気にしていない可能性も有るんですけど、やっぱり暑くもないのに汗がダラダラ流れていると少し不審な目で見られて恥ずかしくなることも有ります。

プラセンタファイン

プラセンタを飲むようになってからは体全体の調子が良くなったので突然のホットフラッシュで悩むことも無くなりましたけど、当時は本当に大変でしたねm(_ _)m

更年期が気になって飲み始めたプラセンタサプリ

プラセンタファイン

今回は私と同じようにプラセンタサプリを使用して更年期障害を上手く乗り越えた!という女性からの体験談です。

目立った症状が出ないのはプラセンタのおかげかな?

肌のトラブルが増えてしまった事や身体のだるさが続いていたのですが、すでに40代に入っていると言う事もあって、やはり気になるのが更年期障害でした。
 
友人の中には実際に更年期障害で苦しんでいる人もいる事や、私の母親も更年期障害で長くうつ病のような状態になっていた事もあってプラセンタサプリを飲むようになりました。
 
プラセンタファイン
 
プラセンタは美容と健康にとても良いと言う事しか知らなかったのですが、詳しい知人にプラセンタの素晴らしい効能を教えてもらってからは、プラセンタサプリを信じて毎日飲み続けようと言う気持ちになりました。
 
今は飲み始めて1年が経つのですが。飲み始めてすぐに即効性を感じる事が出来、最初は身体のだるさが気にならなくなった事が一番嬉しかったです。
 
身体が動かないとどうしても気分もすぐれない事や、何を食べても美味しく感じる事も出来ないので毎日アクティブに動き回れるのもプラセンタサプリのおかげだと実感しています。
 
そして一番気になっているのが更年期障害なのですが、今のところ目立った症状は出ていないのでこれもプラセンタのおかげだと感じています。
 
実際更年期障害の薬としても使用されているので、安心して飲む事が出来るのですが、馬由来のものの方が効果は高いとの事なので選ぶ基準にしています。


 
プラセンタには自律神経調整作用もありますし、ホルモンバランスを整えてくれる作用も有ります。更年期障害の原因で最も多いのが女性ホルモン『エストロゲン』の急激な減少ですが、プラセンタの内分泌調節作用がエストロゲンの分泌を助けてくれます。

ちなみにこの方が飲んでいたプラセンタサプリメントは馬由来の「プラセンタファイン」という商品だそうです。プラセンタファインは純度100%で185mgの馬プラセンタ原末が入っている上にプラセンタをサポートする成分も健康・美容に良い働きをするので、オススメできます♪

無料でプラセンタサプリを試してお肌に劇的変化があり!

お肌の変化

今回は更年期の人ではなく美容目的で化粧品を買ったらプラセンタサプリが付いてきてその効果を実感した!という方からの体験談です。

無料のプラセンタサプリで劇的効果!

プラセンタを利用し始めた事は、意図したわけでもなく、全くの偶然で利用し始めました。
 
あるメーカーの化粧品を公式サイトで購入時、化粧品にプラスしてプラセンタ粒10日分が無料でついていたのです。プラセンタも知りませんでしたし、もともとサプリメント服用する事も嫌いでした。
 
スノーヴァプレミアムプラセンタ.xnbak
 
プラセンタ必要ないのに、と思いつつ、手元に置いていましたが、ある時試しても良いか、と飲んでみました。10日分ですから、体に変化はないだろうと軽く考えていたのです。ですが、プラセンタを飲み始めて間もなく、乾燥気味であったお肌に、プラセンタは劇的な変化をもたらしたのです。
 
プラセンタを服用してまもなく顔を触ると油がでていてベットリしています。最初は油が噴き出ている理由が分かりませんでした。油の様な汗だと勘違いしており、汗ならもう少しサラリとしている筈と、そこで違和感を感じました。
 
プラセンタで、肌が劇的に変化すると知ったのは、このプラセンタの効果が本当にすごい、と見直してからです。ただし、そのメーカーのプラセンタは非常に高価でした。10日分終えると手が出ません。ですが、プラセンタの威力を知ったことで、他のメーカーで良いものはないか、と情報を探しました。
 
現在、愛用しているプラセンタ商品はドリンクで、値段もリーズナブルで、プラセンタ業界では有名な信用できるメーカーです。
 
わたしのプラセンタ
 
その効果は抜群で、服用すると肌がプルプルになります。ただし飲み忘れる時もありますので、その時は肌が乾燥気味となります。驚いたのがプラセンタを服用すると体力がつく点、疲れにくくなる点です。体力気力回復にとても効果があります。
 
プラセンタを無料で頂かなければ、今もプラセンタと無縁であったであろうと思うと、不思議な気持ちがします。

 
この投稿者の方が実際に使っていたのは『スノーヴァのプレミアムプラセンタ』です。そして現在愛用されているプラセンタドリンクは『わたしのプラセンタ』という商品だそうですよ。

健康面でも美容面でも大きな力を発揮するプラセンタを更年期の方もどんどん取り入れてほしいものですね♪

ホットフラッシュの体験

私は、昨年の48歳ぐらいの時からホットフラッシュの症状に悩まされています。
更年期の症状の1つであるホットフラッシュの話は、周りの友人からも聞いていましたが、私自身は48歳になるまでは、特に症状が出ていませんでした。

それが、昨年の春先ぐらいから、顔や頭から汗が噴き出すようになってきたのです。
突然、顔がカーッと熱くなったかと思うと、汗がでてきます。
それは、時間にしたら数分なのですが、暑くなりだしたら汗が噴き出してしばらくはとまりません。
自分自身でも、コントロールできないので、常にタオルを持ち歩くようになりました。

特に頭のてっぺんや、後頭部のあたりから汗がでてくるので、襟足のあたりはシャワーを浴びたようにビッショリになります。
顔もタオルでぬぐわないといけないぐらいです。

ホットフラッシュで1番困るのは、どんな時に症状がでるかはわからないので、人と会っていたり、美容室などがとても困ります。
特に冬などは、みんなが寒いと言っている場所でも、一人で汗がダラダラ止まらなくなり、恥ずかしくなります。

そんな私の対処方法は、冷却剤などを常に持ち歩いて、症状がでて暑くなりだしたら首元に巻いて、自分なりに対処するようにしています。

ホットフラッシュは更年期障害が原因?

ホットフラッシュについて調べると、どこでも更年期障害が原因で起こるというふうに書かれています。
でも私自信の経験からいうと、更年期障害というよりは自立神経の乱れのほうが大きいのではないかと思うのです。
私がホットフラッシュを経験したのは20代後半に入ったころでした。

私は10代のころから常にダイエットをしているような状態だったのですが、26歳のときににちょっと厳しめの食事制限とジョギングで5キロほど減量しました。
しかし体に負担だったようで、生理周期が乱れ、不眠がちになりました。
それとともに満員の通勤電車内だとか、職場で朝礼の司会をするときなど、ちょっとした緊張を感じる場面で今までになく顔がほてり、額から滝のような汗を流すようになってしまったのです。

結局その後すぐに寿退職をし、専業主婦としてゆったりと生活しているうちに体調が戻り、いつの間にかホットフラッシュが起きることもなくなっていました。
自分のあの症状がホットフラッシュというものだということは後から知ったのですが、私は更年期障害ではありませんでした。
若年性更年期障害というものもあるので、ダイエットを機会に一時的にそうなったとも考えられますが、私としてはダイエットによる自立神経の乱れにより、ホットフラッシュが引き起こされたと考えるほうが自然に感じられます。

ホットフラッシュ改善のため、糖質制限してみました

数年前から生理不順がひどくなり、それとともにホットフラッシュの症状が出始めました。
年齢的には「まさかまだ更年期じゃないでしょう!」と信じたくない思いで、ストレスでこのような症状も出るのかなあと思っていたのですが。
1年位前から、突然暑くなったと思ったら汗が浮かんでくるほどひどくなり、周囲の人からも「あら、顔真っ赤だよ。熱は?」と心配されるようになってしまいました。

あんまりだよなあ、と思い、何か良い方法がないものかと思ってネットで色々検索していましたら、あるサイトで「糖質制限をすることでホットフラッシュが治まった」という記事を見つけました。
ご飯やパン、イモ類を控えて、卵や肉を多く食べれば良いとのこと。
大豆には女性ホルモン様の作用を持つイソフラボンが含まれるので、私は大豆も多くとるようにしてみました。
半年経たないうちに、そういえば最近ホットフラッシュが気にならないな…?と気付いたのです。

糖質制限はダイエット法としてクローズアップされていますが、適正体重の人はあまり体重が変化しないということで、私も体重は減りませんでした。
が、ホットフラッシュのほうには一定の効果があったようです。
しかし、やはり更年期は更年期らしく、生理不順は徐々に「生理が遠のく」方向へ変化し続けています。

ホットフラッシュについて

ホットフラッシュ

ホットフラッシュの体験談ではないのですが、【ホットフラッシュがなぜ発生するのか/どう対処したらいいのか】について読者の方が簡単な意見をくれたので載せておきます。

しっかり知識を持って対応すべきホットフラッシュ

近年の日本の動きとしては高齢化社会になってきておりまして、一つの社会問題にもなっております。

 
以前までは家庭を持たれている方が多かったのですが、今は女性の方も社会で活躍していますし時代はかなり変わってきていると感じることもしばしばです。まぁこう感じる時点で私も既に高齢者の仲間入りのしているのかもしれませんね。
 
話を元に戻して、高齢が進行すると一つ問題が出てくるのが体の異常です。更年期障害の一種としてホットフラッシュなどがあり、これは体ののぼせ、ほてりなどが起こる症状です。
 
私の周りでもかなりこの症状に悩ませれている方も多く、今までにない汗の量などが気になって調べてもらうと更年期障害の一種と言われたという人がほとんどです。どちらかというと男性よりは女性が多くなる病気ですね。
 
この症状が出てしまうと体が凄く疲れた感覚になってしまうらしくかなり厄介とも聞きます。それまで全く病気をしたことが無いような人でもホットフラッシュの症状は突然現れるといいますので、私もこれから注意していきたいと思っています。
 
ただ、このような更年期障害が発生するようになったことに比例して今では、医学がしっかりと進歩しているのでそこまで心配する事はないとも言われた所もありました。
 
生きている以上歳はとっていきますしいろいろな症状が出てくると思いますが、しっかり向き合っていき体に負担を少なくしていきたいとも考えております。
 
あとはしっかり知識を持っていくと対応しやすいとも感じました。

 
最後の文章の『しっかりとした知識を持つ』と言うのは非常に重要ですね。これは現在更年期障害/ホットフラッシュで悩んでいる人はもとより、更年期の家族を持つどんな人にでも当てはまることです。

男性や子供は母親の更年期障害の辛さが分かりません。だって体験したことがないですから。

最近は男性でも更年期障害になる人もいます。
参考記事:男性の更年期障害について


誰も更年期障害の辛さを分かってくれないと、それがストレスになってどんどんと症状が進行して最終的には鬱になってしまう事は多々有ります。自分だけでなく周りも気をつけて上げることが必要ですね。